長崎県諫早の砕石業・リサイクル石材販売 | 株式会社 張本創研
株式会社 張本創研
TEL:0957-49-1575

沿革

昭和37年(1962年) 張本石材として事業開始(張本廣人)
昭和46年(1971年) 採石業者登録 長崎県採石第105号
平成元年(1989年) 有限会社張本石材へ組織変更 長崎県採石第440号
平成 7年(1995年) 産業廃棄物処理業登録(がれき類等中間処理)
産業廃棄物収集運搬業登録
平成14年(2002年) 長崎市の建設発生土リサイクル施設の指定をうける。
一般貨物自動車運送業の登録
平成16年(2004年) スラグ混入再生砕石(RCS-40)の生産販売開始
産業廃棄物処分業変更許可
長崎県及び国土交通省の建設発生土リサイクル施設に認定
平成17年(2005年) 合併に伴い住所変更 長崎県諫早市飯盛町里1878-2
産業廃棄物処分及び収集運搬の変更許可
改良土の生産販売開始
平成18年(2006年) 砕砂(置換用)の生産販売(諫早市・雲仙市の下水道管工事に使用)
台風13号災害に伴う(ガレキ類)処理業務受注(諫早市)
廃瓦等を利用した景観砂利の生産販売(赤チップ・白砂利・玉石・玉砂利)
平成19年(2007年) 汚泥処理業務開始(無機性建設汚泥・その他)
諫早100年レンガ(リユース製品)の販売開始
平成20年(2008年) フラワーショップ レ・フルール 新装オープン
テールダンプの業務開始
セミアンツーカ材 再生砂土の生産販売開始
第1回長崎県リサイクル製品認定制度で2製品認定(RC40.RM40)
再生砂の生産販売開始
平成21年(2009年) 第2回長崎県リサイクル製品認定制度で1製品認定(再生砂)
改良土が長崎県土木部から認定され、基本単価一覧に掲載
改良土等の降雨対策資材置場設置 3000m³ストック場
造園用植栽土の生産販売開始
平成22年(2010年) 古物商の許可を取得
接地抵抗低減材 アースブラックの生産販売開始
長崎県建設技術フェアーに出展(リサイクル部門)
第3回長崎県リサイクル製品認定制度で1製品認定(改良土)
運輸部(7tユニック車導入)
平成23年(2011年) 電子マニフェストの導入
長崎県リサイクル認定製品の更新(RC40・RM40)
長崎県産業振興財団発行の長崎県環境・エネルギー関連製品に掲載
平成24年(2012年) 経済産業省九州経済産業局発行の九州リサイクルマップ2011に掲載
10tテールダンプ 1台増車
長崎県リサイクル認定製品の更新(再生砂)
長崎県建設技術フェアーに出展(リサイクル部門)(防草材・建設発生土流用化システム・リサイクル製品)
場内に太陽光発電24KW 設置
建設汚泥の薬剤固化処理の許可取得
平成25年(2013年) 大型ダンプ UD 420馬力 ニューカラー増車
安全運転・エコドライブ推進システム「ECOーSAM」全車導入
トラック協会推進ドライブレコーダー 全車導入
商号を 株式会社張本創研へ変更
平成26年(2014年) 事業本部を飯盛町里2047-1に移転
試験研究室を飯盛町里2034に移転
平成27年(2015年) エコアクション21 認証取得
産業廃棄物処分業、収集運搬業において優良認定を取得。
平成28年(2016年) タイヤ洗浄設備設置
建設汚泥改良土リサイクル認定製品取得
草こなーずの宣伝ラジオCMを始める(諫早レインボーFM)
九州瓦リサイクル組合設立
『草こなーず』商標登録取得
平成29年(2017年) RC40S(スラグ入り)長崎県リサイクル認定製品取得
鉄鋼スラグ路盤材 販売契約締結
鉄鋼スラグ 木場スマートIC 納入
平成30年(2018年) 鉄鋼スラグ長崎道4車線化工事納入
九州経済産業局長より、優良採石所表彰を受ける
令和元年(2019年) 「透水性草こなーず」販売開始
長崎建設発生土リサイクル協同組合設立
諫早北ヤード・観音ヤード開設
copyright(c)2012-2019 harimotosouken all rights reserved.